東京佼成ウインドオーケストラ

練習の仕方

Question

バスクラについて質問です。もうすぐコンクールの練習がスタートするのですが、技術を向上させたいです。技術向上によい練習法はありますか。技術向上でなくても、やっておくとよいものなどでもいいので、どうか教えてください。

Answer

楽器をきちんとメンテナンスして、自分に合うマウスピース、リガチャーで
演奏し、バランス良いリードを見つけるためにたくさん試す。
と良いと思います。

有馬理絵

Question

こんにちは。高校2年生です。
この間顧問の先生にロングトーンのやりすぎで時間が無駄だし上手くならないと言われてしまいました。
80分の練習時間だったら30分くらいロングトーンを練習すると言ったのですが長すぎなのでしょうか?
東京佼成ウィンドオーケストラさんではどのくらいやっていますか?

Answer

30分のロングトーンは長すぎますねぇ...。
というか、30分間ロングトーンを続けられるというのが凄いです(笑)
ロングトーンは8拍ずつを2オクターブもやれば十分だと思います。
残りの時間は音階練習などに回しましょう。
それから、ロングトーンとは何の練習だと思いますか?
ただ音を伸ばしているだけでは上手くなりません。
ロングトーンとは、お腹とアンブシュアの支えを作る練習です。
お腹とアンブシュアの使っている筋肉に意識を置いて練習してください。

大浦綾子

Question

中2です。

元々はB♭クラだったのですが、アンコンのため2ヶ月、バスクラをふいていました。

アンコンが終わって、B♭クラに戻らなければいけないのですが、よろしければリハビリの仕方と、気をつける点を教えて下さい。

Answer

まずは 正しい音程で静かな環境でロングトーンを。

後は高音域を含むスケールを様々なパターンで練習すると良いと思います。

有馬理絵

Question

中高一貫の男子校の吹奏楽部員で中三です

うちの学校では、バスクラは中三または高1のベークラの人が一年程度担当して回しています

今年は、僕の番なのですが、6月のアンサンブルステージでは出演する半分以上が本職のベークラです。

両方の音色などの技術を維持していきたいのですが、どのように両立させていけばいいでしょうか

Answer

毎日の基礎練習(ロングトーン、スケールなど)を主にB♭管で行うと良いと思います。

バスクラリネットに関しては曲中に難しい運指、取りにくい音程があれば、

その箇所をピックアップして基礎練習を行えば良いと思います。

後は持ち替えがスムーズにいくよう、吹奏感が似ているリードを選びましょう。

有馬理絵

Question

クラリネットでのダブルタンギングのやり方を教えていただきたいです

リード楽器でのダブルタンギングはどうやったら良いのでしょうか?

仕組み?を教えていただきたいです。

Answer

ダブルタンギングの練習法

まず、声に出して「タカタカ...」と言ってみてください。

「タ」のときに舌で通常のタンギング、「カ」の時には

舌の奥のほうと喉を使って発音していることを確認します。

次に楽器を吹きます。音の出しやすいスロート音域(5線の第2線)

の「ソ」の音が良いと思います。

元気よく、なるべく速く「タカタカ...」と吹いてみてください。

できなかったときには「タッタカター」とできるように練習してください。

なるべく、元気よく、速く吹くことがコツです。おそるおそるではできません。

勇気を出してください。「カ」のときに喉で発音していることを確認してください。

できるようになったら、「タッタカタッタカター」「タッタカタッタカタッタカタッ

タカター」

と続けて吹けるように練習してください。

ここまでできるようになればほぼ完成です。

今度は「タカタカター」、「タカタカタカタカター」と練習します。

次に「ソソソソソー」(タカタカター)、「ファファファファファー」、

「ミミミミミー」、「レレレレレー」、「ドドドドドー」と下がっていきます。

それから高い音を練習しますが、高い音は難しいです。音色を大切にしてください。

できるようになると表現方法が広がります。元気よく吹くことを忘れずに練習してく

ださい。

練習しすぎは勧められませんので、1日に10分程度、回数にして多くても300回程度に

してください。

小倉清澄

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11