Concerts

HOME > コンサート一覧 > 定期演奏会 > 第159回定期演奏会

Concert Information
コンサート情報

第159回定期演奏会

  • 曲目

    青い水平線(ブルー・ホライズン)/F.チェザリーニ
    ダンス・ムーブメント/P.スパーク
    交響曲 第3番/J.バーンズ
  •   
  • チケット

    • 1回券

      全席指定:5,000円
      U25割引:2,500円
    • 発売日

      一回券
      【会員先行】2022年7月13日(水)~
      【一般予約】2022年7月20日(水)~
    • お申し込み

      東京佼成ウインドオーケストラチケットサービス

      東京佼成ウインドオーケストラ チケットサービス 東京佼成ウインドオーケストラ チケットサービス

      プレイガイド

    • 主催 一般社団法人 東京佼成ウインドオーケストラ
      共催 なかのZERO指定管理者
      後援 一般社団法人全日本吹奏楽連盟、東京都吹奏楽連盟、公益社団法人日本吹奏楽指導者協会、
         公益財団法人日本音楽教育文化振興会、一般社団法人日本管打・吹奏楽学会、一般社団法人日本吹奏楽普及協会、
         日本コロムビア株式会社、株式会社テレビマンユニオン
      助成 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
  • 聴きどころ

    吹奏楽王道の3大名曲で、本格軌道へ!

    富樫鉄火(音楽ライター)
     2020年4月、東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)第148回定期演奏会は、飯森範親の「首席客演指揮者就任記念演奏会」の予定だった。5月3日が、60年の節目となるTKWOの創立記念日なので、特筆すべきコンサートになる予定だった。だが、新型コロナ禍の蔓延で中止となってしまう。
     翌2021年4月、第153回定期でふたたび飯森が登壇するはずだったが、これもまた、緊急事態宣言の発出で中止となる。
     その後、三度目の正直で、マエストロは、今年2月の第157回定期についに登壇、エネルギッシュな名演を聴かせてくれた。その日の曲目は、当初の記念演奏会で予定されていた曲が中心だったのだが、プログラム編成の関係で漏れた曲が1つあった。それが、今回演奏される、フランコ・チェザリーニの《青い水平線(ブルー・ホライズン)》である。「海」をテーマに、深海生物や海獣、シロナガスクジラなどの姿を描く、壮大な音楽だ。特にクライマックスでは本物のクジラの“歌声”が使用され、独特な音空間が現出する。この日、なかのZERO大ホールは不思議な感動に包まれるにちがいない。
     そして、4月の第158回定期で《希望の彼方に》が演奏されたフィリップ・スパークだが、今度は名曲《ダンス・ムーブメント》が登場する!古来の「舞曲」をモダンにブラッシュ・アップした曲で、スパークの最高傑作と称するひとも多い。腕利き揃いの米空軍バンドのために書かれただけに、最高レベルのテクニックを要求される。TKWOは2004年の第80回定期で本曲に挑み、当時の常任指揮者、ダグラス・ボストックの下、いまでは伝説となった名演を繰り広げた。今回も、スピーディな魅力あふれる飯森範親のタクトで、血沸き肉躍る演奏が展開するのではないだろうか。
     そのマエストロ飯森が、“民営化”された新生TKWOの門出にぜひ演奏したいと希望して実現したのが、ジェイムズ・バーンズの《交響曲 第3番》だ。これも米空軍バンドの委嘱作である。作曲時、生後半年の娘ナタリーちゃんを亡くしたバーンズが、哀しみを乗り越え、新たな人生を歩みはじめるまでの姿を音楽で描いた、感動の大作だ。特に第3楽章は〈ナタリーのために〉と題され、慟哭の名旋律が展開する。つづく歓喜の第4楽章とともに、音楽の持つパワーを、これほどはっきりと示してくれる曲はないだろう。
     この4月、新しい道に乗り出したTKWOが、飯森範親の指揮で吹奏楽王道の3大名曲に挑み、いよいよ本格軌道に乗り出す。その瞬間を、ぜひ全身で受け止めていただきたい。〈敬称略〉

※出演者・曲目・時間等は変更になる場合がございます。